うりぼうのダイアリー

税務、会計、ITをベースにしたライフハックを追求するブログ

iPhone8でRakuten Linkを設定する方法

f:id:uribou_crowd:20200712005818j:plain

こんにちは、うりぼうです。

これまでAndoroidしかカバーされていなかった楽天モバイルの通話用アプリ「Rakuten Link」が7/8から、iOSでもリリース開始となりました。

 

www.itmedia.co.jp


このRakuten Linkの設定をもって始めて、楽天モバイルの申し込み特典だった楽天ポイント3000pが還元されるということだったので大分嬉しい!

しかもうりぼうは7月末までが設定期限だったのでなおさら嬉しい!

iPhone8でRakuten Linkを設定する方法(正攻法)

本日のエントリではiPhone8(iPhone6移行の古い機種すべてを含む)でのRakuten Linkの設定方法をご紹介します。

 

基本的に楽天モバイルの公式サイトにのっているマニュアルに沿ってアプリをダウンロードすれば問題ないのですが、皆さんがつまづきそうな箇所を以下でフォローしています。



▼いざ、appストアに移動します。

f:id:uribou_crowd:20200712010411j:plain



▼アプリをダウンロードしようとするが、「楽天link」ではヒットせず。普通は複数ワードでヒットするようになっていますよね。。

f:id:uribou_crowd:20200712001824j:plain

 

▼「rakuten link」で打ち直すとヒットしました。
これはトラップですね。。

 

f:id:uribou_crowd:20200712001920j:plain


▼ダウンロードできました。

f:id:uribou_crowd:20200712003146j:plain

 

▼そして、「楽天」のログインIDとパスワードでログインします。

f:id:uribou_crowd:20200712003200j:plain

 

▼あとは楽天モバイルの公式サイトでの手順に従って、設定すればご自身の携帯(iPhone SE以上)で設定ができます。

network.mobile.rakuten.co.jp

 

 

▼補足)iphone8(iphone 6s~Xまでのすべての機種)で楽天モバイルを開通する方法はこちら

uribo-crowd.com

 


これで、本来楽天モバイルの動作対象になっていなかったiPhone8(iphone 6s~Xまでのすべての機種含む)でRakuten Linkまでの設定が終わり、後日無事に特典の楽天ポイント3000pが付与されるはずです。

▼詳細はこちら

network.mobile.rakuten.co.jp

 

本来、楽天モバイルがiPhone8に対応しておらず、Rakuten Linkにも対応していないことを加味すると、ここまでこれたことが奇跡的なことのように感じます。

 

iPhone8でRakuten Linkを設定する方法(別ルート)

ちなみにこのRakuten Linkアプリ、公開直後からアプリが起動しない現象が多数報告されているため、もし起動できないようでしたら以下の方法をおすすめします。


Windows PCにAndroid環境をシュミレーションできる環境(いわゆるエミュレータ)を作り、GoogleストアからRakuten Linkアプリをダウンロードする方法です。
Rakuten Linkにアクセスし設定を完了させるだけの目的のため、iPhoneであっても楽天モバイルのID・パスがあれば使える方法です(通話は不可)。

note.com

 

もちろん、うりぼう自身もこの方法を試し、自身のwindows PCでRakuten Linkアプリのダウンロード→ログインまで確認しています。


この方法を公開されている方もあくまで自己責任で(I phoneやAndroid携帯以外でRakuten Linkの設定を終えた場合に、楽天ポイント3000pが還元されない場合がある)実行するようにと記載しているので、ポイントがもらえない前提で試すのがよいかと思います。



---------------------------

以上です。


本来、対応していないiPhone8でもなんとか楽天モバイルを開通でき、Rakuten Linkまで設定完了することができたのは、正攻法とは異なるところに必ず突破口があると信じていろいろ試してみたことによるマインドセットが大きく寄与しています。


本日は、株式投資における有名な格言でエントリを締めさせていただきます。


「人の行く裏に道あり 花の山」


それではまた、うりぼうでした。

Copyright ©うりぼうのダイアリー All rights reserved.