うりぼうのダイアリー

EA(米国税理士)試験ネタをメインに、学習・実務を効率的に行うためのライフハックを追求するブログ

【EA試験】試験当日の過ごし方(待合室~身体検査まで)

待合室での過ごし方

荷物は鍵付きロッカーに預けます(すべての試験で共通のロッカーです)。

 

受付順に呼ばれますが、呼ばれるまではテキストを読み返したりできるので、かばんや上着など大まかなものは閉まっておき、すぐにしまえるものだけにしておきましょう。

 

受付番号は、「Enrolled Agentでお待ちのxx(番号)~」ではなく「IRSでお待ちの~(番号)」と呼ばれるので、IRSで呼ばれることが頭の片隅にない場合はスルーしてしまうかもしれませんので注意です。


番号が呼ばれたら、テキスト等をロッカーにしまい、パスポート、番号票、ロッカーキーのみを持って、名前を呼んだ担当がいる辺り(試験会場近くの身体検査のエリア)まで向かいましょう。

 

身体検査

金属探知機によるチェック、足首、メガネの裏表チェック、ポケットを裏返しにして何も入っていないことをチェックされた後、受験会場に入る前の最終確認を受けるためにベンチで待ちます。

 

試験会場への持ち込みが許可されているもの

・結婚指輪※、婚約指輪、小さいサイズのスタッドイヤリング

・ネクタイ、蝶ネクタイ、ヘアアクセサリ(検査を通ったもののみ)

・その他薬、医療用機器等※(紐の付いていない耳栓、メガネ、マスク他)

 

※当時参考にしていた受験生の方のブログでは、「結婚指輪してると金属探知機に引っかかるので外さなければならない」と書かれていましたが、私は大丈夫でした(華美なものがだめなのでしょうか?)。

 

試験会場への持ち込みが禁止されているもの

・大きめの装飾品(許可されている装飾品以外すべて)

・水、食料

 

▼上記以外の詳細は以下のPrometricのURL参照

Testing Accomodations Pre Approved Personal Items

 

上記はIRSおよびPrometricのWebサイトにて明記されているものを記載しました。会場にはイヤーマフがあるので耳栓の代わりとなります。防音性能が高いのですが、その反面、長時間使っていると締め付けにより耳周りが痛くなるので使い慣れた耳栓の方がよいかもしれません。

Copyright ©うりぼうのダイアリー All rights reserved.