うりぼうのダイアリー

税務、会計、ITをベースにしたライフハックを追求するブログ

【EA試験】独学でEA試験に挑戦する方法(Amazon活用編)

スポンサーリンク

こんにちは、うりぼうです。

6/5から御茶ノ水プロメトリックセンターの閉鎖が解除されているようで、これからEA試験に挑戦される方も多いのではないでしょうか?

it.prometric-jp.com

 

 

 ▼次回のEA試験は8/17日が初回受験日となります。

uribo-crowd.com

 

 以前、EA試験を受験する際の予備校の選び方についてのエントリを書きましたが、米国本土の予備校として通信講座を選ぶなら定評のある以下の3校をおすすめしました。

 

  • Gleim EA Review
  • Fast Forward Academy EA
  • Surgent EA 

 

 ▼詳しくはこちら

uribo-crowd.com

 


ただ、中には申し込みやテキストや問題集を取り寄せるのに時間がかかるのが嫌という方もいらっしゃるのではないかと思います。

そこで、そんな方のためにAmazonで購入できるEA試験のテキスト・問題集をご紹介します。

 

"f:id:uribou_crowd:20200628154036j:plain:alt=独学で米国税理士試験の勉強をしているイメージ図です。




PASSKEYという予備校が作成しているもので、本年度のtesting windowに対応した最新のテキストと問題集になります。

▼テキスト(Study guide):3冊合計で27,000円程度

 

 

 ▼問題集(Workbook):3冊合計で16,000円程度

 

 

 Part1-3のテキストと問題集合計で43,000円程度になります。

もし以下の3校のどれかを利用するのでしたらテキスト、問題集、オンデマンド授業、サポート等付いてクーポン利用後で5万円程度なので、PASSKEYのテキスト問題集を購入する方法は少々割高かもしれません。

  • Gleim EA Review
  • Fast Forward Academy EA
  • Surgent EA 



しかしながら、「すぐに勉強したい!」方にはPASSKEYは最適です。
Amazonで今注文すれば明後日の6/30には届くようなので。


ただし、テキストだけ購入された方でも本試験を受験される方は、オンライン問題集だけは追加料金を払って一通り解いてから受験するようにしてください。

なぜならば、ペーパーの問題集では出題範囲を網羅していないためです。
実際の試験形式に慣れるという意味でも重要です。

 

▼ここらへんのエントリにも記載しています。

uribo-crowd.com

 

 

uribo-crowd.com

 

 

▼PASSKEYのウェブサイトでは、サブスクリプション形式で月3,000円ぐらいで、オンライン問題とオンデマンド授業等のツールを提供しています。

もし、先んじてAmazonでテキストと問題集を購入されるのでしたら、一通り学習した後に、オンライン問題集を解くようにしてください。


学習例:

  • Part1,2をペーパーベースのテキストと問題集で学習→オンライン問題集で学習→本試験受験

www.passkeyonline.com

 

実は、うりぼう自身も本格的にEA試験の勉強を開始した2019年よりもはるか前の2013年ぐらいにPASSKEYを購入した経験があり、当時は仕事に忙殺され、ほとんどとりかかれないままきれいなままブックオフ行きとなった経緯があります(何故かまあまあ高く売れた)。


当時はテキストだけ購入しましたが、テキスト自体にも確認問題があり問題集に取り掛かる前にテキストだけで要点はつかめたという記憶です。

 

Gleimはテキストと問題集がセットになった電話帳サイズのものなので、それはそれは重く、携帯性はPASSKEYには劣ります。
テキストと問題集を別冊で持ち歩きたいという方にはPASSKEYはよいかと思います。



すぐにEA試験の勉強に取り掛かりたい方、オンデマンド学習は不要という方がいらっしゃいましたら、Amazonのリンクを貼っていますのでどうぞご購入ください。


uribo-crowd.com



▼PASSKEYを利用される方でも、EA試験の申し込み手続きには米国税理士EXAMプライマーをご活用ください。
予備校がケアしていない内容まで丁寧に説明していますので、これさえあれば準備万全です。


それではまた、うりぼうでした。

Copyright ©うりぼうのダイアリー All rights reserved.