うりぼうのダイアリー

EA(米国税理士)試験ネタをメインに、学習・実務を効率的に行うためのライフハックを追求するブログ

①学習方法

f:id:uribou_crowd:20200414132902p:plain

教材の選択

現時点で日本の受験予備校では、TAC一択になります。

国内ではTAC以外に過去Abitusや米国税理士養成学院がEA講座を開いていたようですが、現在は新規の募集を停止しているようです。

私はTACを利用しましたが、初学者講座で15万円程度かかり、教室講義も利用せずで、結局、提携しているGleim教材の使用がメインでしたので、それだったら最初から米国のGleimの教材を取り寄せればよかったと反省しています。

www.tac-school.co.jp

 

受験手続のマニュアル類もPrometricのサイト等に掲載されていましたし、PCのブラウザエラーのトラブルなどは結局自分で解決するしかなかったので15万円も払う必要がなかったなと思います(自身の反省を込めて書いているのが当ブログになります)。

 

ある程度英語に自信のある方でしたら、当ブログの内容を参考にご自身で申し込みをしていただき(もちろん、アメリカの予備校でも受験手続きのサポートは行っています)、紙の問題集を含む講座一式をアメリカから送付してもらえばコストも抑えつつ合格を狙える試験なのではないかと思います。

日本語の教材が欲しければ、メルカリやヤフオクUSCPAのRegulationの教材で賄えますし、わざわざ正規の料金で受講する必要はなかったかと思います。

Copyright ©うりぼうのダイアリー All rights reserved.